トップ > レシピ・調理例 > かに鍋(花咲ガニ メス)のレシピ

かに鍋(花咲ガニ メス)のレシピ

花咲ガニのかに鍋

花咲ガニ(メス)を使った料理例で一番最初に浮かぶのが、かに鍋ですね!

特に、メスの場合いは、内子、外子がありますので、これらを使って

花咲ガニ 外子たっぷり鍋 などを作るのも良いです。

[材料]
花咲がに(さばいて、外子と内子は取り出してあります)
野菜(ねぎ、春菊、白菜)
きのこ類(しめじ)
豆腐

あとはお好みでどうぞ。


[作り方]

上の写真のように材料とだし汁を入れて、火にかけます。
(外子は取り出しておきます)

このとき、かにをそのまま入れてもいいのですが、一度解体してから、蟹脚などは小さくきっておくと後で食べやすいです。蟹味噌も、取り出してからだし汁に混ぜる方が、全体に味がいきわたって、美味しくなります。
(花咲ガニは大きなとげがあるので気をつけてください。小さくきっておくことで、食べやすく、怪我防止にもなります)


外子たっぷり蟹鍋

できあがったら、器に取り分けます。

外子はあまり熱を通しすぎると良くないので、食べる直前に鍋に入れるか、

このようにお皿に盛り付けてからのせると良いでしょう。

ちなみに、私は出来上がった後に、外子を入れています。このほうがプチプチとした食感楽しめます。


あと、花咲ガニの蟹鍋をすると、本当にびっくりするのですが、これが本当にかに鍋だ!ってくらい蟹の味がしみこんでいます。

蟹の身から出るダシもありますが、殻からもダシだ出るのが花咲ガニの特徴です。

タラバガニやズワイガニでは味わえない一味違ったかに鍋を食べてみてはいかがでしょうか。

花咲ガニまること鍋! 大きすぎて入りきりません!!

ちなみに、1kgの花咲ガニを、一度にすべてを蟹鍋にしようとすると、

このように鍋いっぱいになった贅沢な蟹鍋となります。


花咲ガニを1匹丸ごと使ってかに鍋を作ってもいいですが、せっかくなので、色々な料理を楽しむといいでしょう。

蟹の甲羅は、蟹甲羅グラタンの器に使えますし、カニ足の殻は、オーブントースターなどで焦げ目をつけると風味豊かになりますので、鉄砲汁などに入れるといいでしょう。

花咲ガニはなかなかお店には置いていないので、蟹のネットショップを利用するのがおすすめです。
今回の花咲ガニは、こちらから購入しました。

レシピ・調理例
蟹を使ったレシピや調理方法を紹介します。かに通販で買って来た蟹をそのまま食べるのに飽きたら、こちらの料理方法をお試しください。

前の記事 | 次の記事

関連記事