トップ > レシピ・調理例 > 子供に大人気 かに甲羅グラタン(花咲ガニ)

子供に大人気 かに甲羅グラタン(花咲ガニ)

花咲ガニのかに甲羅グラタン

花咲ガニを丸ごと贈ったら、ぜひ食べて頂きたいのが、花咲ガニのかに甲羅グラタンです。

カニが苦手なお子さん(あまりいないと思いますが)でも、これなら大丈夫です!

花咲ガニの甲羅は特別です、カニの香ばしい香りがカニグラタンを一層美味しくしてくれます。


[材料]
花咲ガニの甲羅、ほぐした蟹身
マカロニ
玉葱、きのこ(又はしめじ)
ホワイトソース(ホワイトソースの元、牛乳などお好みで)
とろけるチーズ


作り方は、普通のマカロニグラタンの作り方とほぼ一緒です。

まずは、マカロニを茹でておきます。

次に、フライパンを用意して、バターをしいて、野菜(玉ねぎ、きのこなど)をいためます。

いため終わったら、鍋に移して、牛乳とホワイトソースの元を加えて混ぜ合わせます。

このとき、フライパンとお鍋を使うのがイヤだったら、裏ワザ的に最初から鍋で炒めちゃう方法もありますが、そのときには焦げ付きに注意してくださいね。

沸騰したら、ほぐしたカニ身と、あらかじめ茹でてあったマカロニを加えて、しおこしょうで好みの味付けに整しして、ホワイトソースのできあがり。


次に、出来上がったホワイトソースを花咲ガニの甲羅に入れて、上のとろけるチーズを乗せて、オーブントースター焼き色がつくまで加熱します。
(花咲ガニの甲羅は、予めきれいに洗っておきます。カニ鍋などで使用した甲羅でもきれいに洗ってあればOKです)

オーブントースターから、花咲ガニの香ばしいかおりが漂ってきます。チーズにちょっと焦げ目がつくくらいが食べごろです。


花咲がにのかに甲羅グラタン(横から)

食べてみると分かるのですが、これこそかにグラタン!

といった感じで、一口食べると、カニを香りが口いっぱいに広がります。

スーパーなどでも温めるだけのカニグラタンが売っていたりしますが、ここまで香りがいいグラタンにはならないでしょう。


グラタンは、市販のグラタンの元などを使えば簡単にできます。レシピを簡単に言うと、これ蟹を加えるだけです。

かにの甲羅に入れた後に、オーブントースターなどで焦げ目を漬けますが、このときに花咲ガニ特有のいい香りが立ち込めますので、食欲をそそります。

花咲がにグラタン

甲羅が足りなければ、普通のグラタン皿に入れてもOK!

花咲ガニ グラタン

どちらも美味しいグラタンに仕上がりますが、花咲ガニの甲羅に入れたグラタンのほうが、蟹の風味が広がって、とても美味しいです!

なぜか、味もぜんぜん違ってきます。


今までのカニグラタンは、何だったんだろう???と思ってしまうグラタンです。かにの甲羅グラタンは、ただ単に器が蟹の甲羅になっているだけだと思っていましたが、実際には、蟹の甲羅一つでこんなにも味も風味も違ってくるものなのですね。

タラバガニやズワイガニなどポプラーな蟹もいいですが、花咲ガニにも違った良さがありますよ。ただ、花咲ガニを扱っているかに通販は以外と少ないので、探すのにちょっと苦労するかも知れません。

ちなみに、今回は、こちらで購入しました。
レシピ・調理例
蟹を使ったレシピや調理方法を紹介します。かに通販で買って来た蟹をそのまま食べるのに飽きたら、こちらの料理方法をお試しください。

前の記事 | 次の記事

関連記事