トップ > 日記&コラム > スキューバダイビング仲間の忘年会は、海産物が盛りだくさん!

スキューバダイビング仲間の忘年会は、海産物が盛りだくさん!

スキューバダイビングをやっていたのですが、その仲間で忘年会をしたときはすごかったです。

仲間といっても、伊豆のダイビングショップでの忘年会です。

その店は常連さんも多く、定期的なイベントには、古くからのお客さんがまるでスタッフのように働いていたりします。

初めてそのお店にきた人は、間違いなくスタッフだと思うのですが、言葉遣いとか、態度とか見て???な状態になっていたようです。

そんなこんなで、みんなに愛されている!?ダイビングショップなのですが、その中でもお楽しみが忘年会です。

富戸港でのダイビングなのですが、普通ダイビングショップと猟師さんって余り仲が良くないことが多いのですが、その店のオーナーは顔が広く、猟師さんとも仲が良かったです。

ということは、忘年会には、新鮮な刺身、しかも猟師さんから分けてもらった魚や貝が並ぶわけです。しかも船盛り。

マグロ、イカ、サーモン、はまち、たこといった定番もあるのですが、その他に美味しかったのはカワハギの刺身です。それまでカワハギって食べたことがなかったのですが、白身でとても美味しかった印象があります。それから、あわびやサザエの刺身もありました。このような貝類はコリコリした食感がいいですね。

残念ながら富戸港にはタラバガニとかズワイガニとかは上がらないのですが(当たり前か)、海の幸を美味しく頂くには、地元の方の協力が必須ですね!

ダイビングショップでの忘年会は、オーナーが地元で、しかも猟師さんを仲が良かったために、これだけの新鮮な海の幸が食べられました(しかも会費もそんなに高くない)が、そうでなければなかなか手に入らなかったと思います。


蟹にしても一緒ですね。タラバガニとかズワイガニは、北海道とは言えども、ちょっと遠くに行かないと採れないかも知れないけれど、毛ガニや、花咲ガニは、北海道でも採れるので、機会があったら、産地に行ってみたいです。

特に花咲ガニは、根室港が有名なので、一度言ってみたいです。かに通販で購入すると、大体は冷凍された状態で送られてくるのですが、じつは一番難しいのが解凍方法ですよね。

私は自然解凍にしていますが、急いで解凍してしまうと、うまみがどこかに行ってしまうようです。

その点、漁獲地で食べれば、冷凍する前の状態か、冷凍してあっても地元の方が解凍してくれるので、一番美味しい状態で食べられますからね。

とりあえず、花咲ガニの内子を使ったかに鍋とか、パスタを食べてみたいです。あとは、鉄砲汁ですね。やっぱりこれが一番じゃないでしょうか。

日記&コラム
蟹やかに通販に関する日記やコラムです。テレビで話題のお取り寄せ食材や、カニレシピ、日常の日記など書いていきます。

前の記事 | 次の記事

関連記事