トップ > 日記&コラム > タラバガニの名前の由来は、鱈場から

タラバガニの名前の由来は、鱈場から

たらばがには、何故タラバガニというか、知っていますか?

タラバガニの生息域が鱈(たら)という魚の名前の漁場、つまり「鱈場」となることから、鱈(たら)の漁場にいる蟹ということで、「鱈場蟹」という名前がついたそうです。実はこれ、学術的には問題があるようですが、タラバガニという通俗名が先に普及してしまったこともあり、タラバガニと呼ばれるようになったそうです。

蟹といえばタラバガニという感じで、蟹の代名詞のようになっていて、名前の由来については考えたこともなかったですが、聞いてみてびっくりですね。

これがもし、鯖の漁場なら「サババガニ」、鯵の漁場なら「アジバガニ」、鮭の漁場なら「サケバガニ」となったんでしょうかね!?今となっては、タラバガニという名前がしっくりきているので、他の名前にはいいにくいのですが、名前の由来と突き詰めていくと面白いですね。


で、実はタラバガニは、蟹というよりも、学術的にはヤドカリの仲間だそうです。同じ様に、花咲ガニもヤドカリの仲間だそうです。上で書いたように鱈場で見つけた人が、「カニだ!」と思い込んで、カニの名前をつけちゃったんでしょうね。

タラバガニを美味しく食べている私たちとしては、大して問題にならないことではありますが、知っていると何かの役に立つかも知れませんね。


ちなみに、タラバガニの仲間には、本タラバガニ(レッドキングクラブ)、アブラガニ(ブルーキングクラブ)、イバラガニ(ブラウンキングクラブ)の2種類があります。

イバラガニは、主に加工用として出荷されるので、市場に出回るのは、本タラバガニとアブラガニになります。


値段的には、アブラガニよりも本タラバガニの方が高いため、アブラガニを本タラバガニと偽って販売した業者がありましたが、表記し公正取引委員会から景品表示法違反(優良誤認)で排除命令を受けました。

見た目としては、アブラガニの方が多少青っぽい(特にボイル前)所と、甲羅の終身部の突起の数が4個(本タラバガニは6個)の違いはあるものの、素人目には判断は難しいところです。

肝心のカニ身の味ですが、タラバガニの方が繊維質がやわらかく、甘みがあるという人も入るようですが、普通の人が食べても違いは分からないでしょう。

それよりも、ボイルの仕方とか、塩加減などによる違いの方が味に対する影響が大きいでしょう。

ひょっとしたら、無理に本タラバガニを購入するよりも、アブラガニを購入するほうが安くて、美味しい蟹が食べられるかも知れませんね。

日記&コラム
蟹やかに通販に関する日記やコラムです。テレビで話題のお取り寄せ食材や、カニレシピ、日常の日記など書いていきます。

前の記事 | 次の記事

関連記事