トップ > 日記&コラム > 中国で蟹と言えば、上海蟹です

中国で蟹と言えば、上海蟹です

いよいよカニの季節が来ました。蟹料理って色々ありますね。
かに鍋、カニしゃぶ、かに玉、カニのスパゲティ、カニのクリームコロッケ等など。この季節にはピッタリのかに料理がたくさんあります。やはり一番人気はカニ鍋でしょうね。

蟹の種類としては、日本では、タラバガニ、ズワイガニ、毛蟹、花咲ガニなどが有名ですね。

思い浮かべただけで、食欲が出てきます。


今回は、中国在住の方に、中国での蟹事情について、インタビューしてみました。


さてこちらは中国。中国で有名なのは上海蟹ですね。
日本でも上海ガニは有名です。
実は正式名称はチュウゴクモズクガニ。中国語では"大闸蟹(dazhaxie)"と呼ばれています。

長江流域に生息している蟹です。
日本で知られているものは、上海近郊の蘇州、無錫でよく捕れるものなので上海蟹という名前がついています。日本で一般的に食べる海のカニとは違って、淡水性です。

10月11月が旬で、10月はメス、11月はオスが旬だと言われています。

日本の中華街でも食べられます。他にも少し大きめの中華料理屋さんへ行っても食べられます。
有名な食べ方は蒸したり、小龍包と一緒に食べたりすることがあります。上海の観光地へ行くとよく見かけます。

広い範囲で捕れるので様々な場所で食すことができます。
長江から離れているところであれば、何と遼寧省(大連など)でも捕れます。
しかし残念なことは黄河流域では見たことがありません...。
上海蟹を食すなら、上海や蘇州、無錫などがいいかと思います。上海蟹以外のかに料理は他の地域でも食すことができます。

でもやっぱり日本人だなと感じます。蟹は海のカニに限ります。早く日本に戻って蟹料理が食べたいな。

如何でしたか、日本での蟹のイメージとはちょっと違いますね。インタビューさせて頂いた方は、中国でお仕事をされていますが、やっぱり日本の蟹が恋しいのでしょうか(笑)

日本では、主に冬、特に年末年始、お正月など特別な時期に蟹料理を食べることも多いため、蟹鍋などの料理には特別な思い出を持っている方も多いようですね。

中国4000年の歴史がある中華料理も美味しいですが、帰国された際には、日本のタラバ蟹、ズワイ蟹、毛蟹など、日本での定番の蟹を堪能してくださいね。

日記&コラム
蟹やかに通販に関する日記やコラムです。テレビで話題のお取り寄せ食材や、カニレシピ、日常の日記など書いていきます。

前の記事 | 次の記事

関連記事