トップ > 花咲ガニ > 花咲ガニのさばき方

花咲ガニのさばき方

花咲ガニのさばき方(解体)を写真付で説明します。

花咲がに

[用意するもの]
まな板
蟹バサミ
小さなスプーン
新聞紙

花咲がにのさばき方(蟹バサミで脚を切り落とす)

まず最初に、軍手をはめます。

花咲ガニのトゲは堅くて、結構痛いので、厚めの軍手があるといいです。

カニバサミを使って、脚を切り落とします。

花咲がにのハサミ

ハサミをアップで見ると、かなりでかいです!

今回購入した花咲ガニは左右のハサミの大きさが違いました。写真は大きい方のハサミです。

かにのてっぽう汁に使用する蟹脚

どんな料理を作るかにもよりますが、蟹脚は、写真のように短めにしておくと、鉄砲汁などのとき、食べやすいです

花咲がには、トゲが大きく痛いため、食べるときに素手で持つと結構痛いです。

このように、短めに(間接の前後できっていますので、かなり短めになっています)きると、見た目的には小さく見えてしまいますが、とても食べやすいです。

花咲がに(メス)の外子

次に外子を取り出します。

ふんどしの部分を広げて、外子を取り出します。
(手で簡単に取れます)

花咲かにの外子

取り出した外子です。

花咲がにの外子

写真中央の白い部分は堅くて食べられませんので、取り出します。

花咲がにの外子

取り出した外子です。

花咲がにのさばき方(ふんどしをはずす)

ふんどしをあけて、内子、蟹味噌を取り出します。

花咲がにの蟹味噌

取り出した蟹味噌です。

花咲ガニの内子

取り出した内子です。


今回は、内子、蟹味噌をいろいろな料理に使いたいため取り出しましたが、面倒なときは、そのままかに鍋に入れてもいいかも知れません。


花咲ガニ
知る人ぞ知る超レアな蟹が花咲ガニです。北海道の根室地方で取れて、雌の内子が珍味として人気が高いです。花咲ガニの殻から出るかに風味はとても香ばしく、カニ鍋や鉄砲汁は花咲ガニに限る!という人もいます。

前の記事 | 次の記事

関連記事