トップ > 日記&コラム > 世界中で大人気の蟹の味は、すでにもう分析され尽くしているらしい

世界中で大人気の蟹の味は、すでにもう分析され尽くしているらしい

美味しいカニ!

我が家の子供たちは、夫の実家で帰省するたびに食べさせてもらっていることもあり、2歳くらいの頃から蟹が大好きです。。。

最初に食べさせるときは、甲殻類に対するアレルギーなんかが出たらどうしよう、、、とヒヤヒヤしたものですが、とりあえず誰もアレルギーを出すこともなく実家でカニの味を覚えていきました。


実は蟹の身って、筋肉なんですよね。

どうやら、筋肉自体に味の旨味や甘味は存在しないんだそうですよ。

あのプリプリとした歯ごたえこそ筋肉である証拠なのかもしれませんが、要は、筋肉である蟹の肉は本当は無味であるはずだと?


けれども、どうやら旨味を出す成分がエキスとして含まれているんだそうですね。

旨味の成分としてすっかりおなじみの、イノシン酸やグルタミン酸はもちろん、アルギニン、グリシンなんていうその他数種類の成分がすでに分析されているのだとか。


やはりこれほどまでに日本人に愛されている蟹ですから、その味や旨味の成分の研究はすでにし尽くされているんですね(^^)


日本発祥のかにかまぼこも、すでに世界中で人気商品となっているそうですが、蟹の旨味成分をミックスすることでカニの味を再現することも簡単にできちゃうみたいですよ。

日記&コラム
蟹やかに通販に関する日記やコラムです。テレビで話題のお取り寄せ食材や、カニレシピ、日常の日記など書いていきます。

前の記事 | 次の記事

関連記事