トップ > 日記&コラム > 生きている時と死んでからで数え方が変わる不思議な蟹?

生きている時と死んでからで数え方が変わる不思議な蟹?

数年前から一般教養を中心としたクイズ番組がずいぶん流行りましたよね。

小学生レベルや中学受験レベルなど、頭をひねらなくても解けるような問題ばかりで、ついついやっていると真剣に答えを考えてしまった人も多いのではないでしょうか(^^)


その中でも、漢字の書き順や部首名、面積の求め方などすっかり忘れてしまってちょっぴり恥ずかしい思いをされたり、ことわざの本当の意味や物の数え方などを大人になってあらためて知ったという経験がある方もいらっしゃるかと思います。

たとえば、タンスの数え方は1さお、2さお、うさぎは1羽、2羽 など、そう言われればそうだっけ~!というような種類のものも多いですよね。

蟹なんかも、生きているときは1匹、2匹・・・と数えるのに対して、死んだカニに対しては1杯、2杯・・・と数え方が変わるんだそうです。

出世魚の呼び名が変わるのとは違って、生死で数え方が区別されているなんて日本の文化って本当におもしろいですよね。

ちなみに、今の日本語は現代人や若者によって誤用されているものも多いみたいですね。

誤用されたものの方が世の中の認識としては浸透してしまっているケースなどもあり、日本語の解釈が世代によって違うなんていう事もあるみたいです。

日記&コラム
蟹やかに通販に関する日記やコラムです。テレビで話題のお取り寄せ食材や、カニレシピ、日常の日記など書いていきます。

前の記事 | 次の記事

関連記事