トップ > レシピ・調理例 > 蟹の解凍方法で失敗しないために

蟹の解凍方法で失敗しないために


クレーム原因が解凍方法に失敗!?



かに通販の業者へのクレームの電話で多いのが、

  かにが美味しくない

という驚きの結果に。

そのクレーム内容をさらに調査してみると、解凍方法に問題があった方が多いようようです。


その驚きの解凍方法は(たとえば、ボイルして急速冷凍した蟹の場合)

  ・電子レンジでチンした
  ・流水で解凍した
  ・そのまま常温で解凍した

という結果となりました。


かに通販で購入した蟹は、活きた蟹を除いて、基本的に冷凍で送られてきますので

蟹を食べるためには、まずは解凍する必要がありますし、これが一番大事なポイントです。


蟹は、ゆっくり時間をかけて解凍する

これが一番のポイントです。

まるまる1尾の蟹では、1日~1日半前に、冷凍庫から冷蔵庫に移して、ゆっくりと解凍します。

その際に乾燥を防ぐために、キッチンペーパーや新聞紙でくるむと同時に、解凍したときに出てくるかにの汁を受けるための深めの皿やバットなどに入れておくと良いでしょう。

蟹は、完全に解凍せず、7~8割程度解凍した状態で食べるのが美味しいです。

また、蟹が残ったからといって、間違っても再冷凍することのないようにしてください。


蟹脚、むき身などの場合も上記を同じようにゆっくりと解凍するのが基本です。

急いで解凍すればするだけ味が落ちてしまいますので、お気をつけください。

行楽で楽しむなら自然解凍でそのまま食べられる蟹がおススメ♪


陽気な気候につられて、休日のお昼から屋外でビール♪ なんて機会も多くなりますよね。


巷ではすでに、ビアガーデンがオープンしているところもちらほらと出てきているようですが、

外で飲むビールの美味さはまた格別ですよね(^^)


この連休、車で出かけた先でついついお酒をグイっといきたくなってしまう場合も出てきます!

サントリーのオールフリーやキリンのキリンフリーなど、ノンアルコールビールの種類もいろいろと増えていて、

車で出かけた先でも気にせず飲めるビールテイストドリンクのお世話になる方もいらっしゃるかと思います。


実際に飲んだ評価としては、「うまい!」という意見と「あんまり・・・」と大きく分かれているようですが、

まわりと同じように「飲んだ気分になれる」という点でよいのではないかと思います。

行楽やアウトドアなどでノンアルコールビールと楽しむお料理もいろいろとありますが、

おススメなのは「冷凍の蟹」です☆


お肉や魚介を焼くにはアウトドア用品やバーベキューセットが必要になってきますが、

冷凍の蟹ならそのような道具が必要ありません。


カニの解凍方法には、旨みを逃さないためにいくつか注意しなければならない点もありますが、

ある程度ご自宅で解凍を済ませた状態で冷たいまま車に乗せておけば、

到着するころにはちょうど食べごろの状態になっているので、とっても便利♪


到着と同時にビール片手に蟹を楽しむことが可能なんです(^^)


通販サイトでは、切込みが入って食べやすくカットされた状態の蟹もたくさんありますので、

ぜひそちらを選んでください。


手が汚れるので塗れたおしぼりは忘れないように(^^;)

蟹を自然解凍したら大量の水が・・・ 再解凍した可能性は?


自宅で冷凍のカニを解凍して食べようとしたときに、ちゃんと解凍方法を守って解凍したのにも関わらず、大量の水分が出てしまったということありませんか?

これ、かなりショックですよね。

当然、大量の水分が流れ出てしまった蟹の身はジューシーさとは程遠いパサパサの身になってしまいます。

そのまま食べる気にもなれず、なくなくお味噌汁に入れたりお鍋にしたなんていう経験がおありの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


カニを自然解凍したのにも関わらず、大量の水が出てしまったという原因で考えられるのは、かにの身自体の細胞が破壊されてしまっていることがあるんだそうです。

どうしてこういうことになってしまうかと言うと、冷凍して解凍させたカニを、再び冷凍して解凍した場合にありえるようなんです。

確かに、、、私以前自分の家で冷凍のかにを解凍して食べきれずに残ったものを、また冷凍しておいたことがあるんです。
(これって、カニに限らず冷凍の食材を美味しくたべたいなら絶対にやってはいけないことらしい。)

二度冷凍したものを解凍させたとき、お皿に水分がたくさん出てしまってもちろん身自体もパサついて美味しくなかったことを思い出しました。

ほとんどないかとは思いますが、可能性として悪徳業者が二度冷凍したものを売っていた、、、なんていうこともあり得なくはないんだそうです。


レシピ・調理例
蟹を使ったレシピや調理方法を紹介します。かに通販で買って来た蟹をそのまま食べるのに飽きたら、こちらの料理方法をお試しください。

前の記事 | 次の記事

関連記事